GLITTER

BEAUTY

BEAUTY

Best Morning Beauty Tips

美のキメ手は朝だった!
朝活美容 のススメ

朝にゆとりがある人って、美人が多いと思いませんか?
出かける前の時間は誰でも忙しいものだけど、その短時間にキレイを少しでも意識できると、一日がずっと自信に満ちて過ごせるもの。そこで、人気タレントやモデル、本誌の美容ページに携わるスタッフたちの朝を徹底リサーチ。 また、2008年のミス・ユニバース ジャパンで、昨年シンガポールから帰国したワールドクラスビューティエキスパート美馬寛子さんにも世界基準の朝活ビューティを伺ってきました! ドタバタした朝に心当たりがある貴女、朝を見直せば、人生変わるかも!?

スッキリ目覚めるには?「朝の習慣」が大事

1.窓を開けて日光をたっぷり浴びよう!
No1
朝起きて、いちばんに太陽を浴びると、体がしっかりと目覚めてくれます。体内時計、生活リズムを整えることにも。体内時計の乱れは、うつ病や不眠症の原因にもなるといわれているから、最近気分がすぐれない人は、ぜひ明日朝から実践してみて。さらに体内時計が正しく働くようになると、体の代謝もアップ! 美肌やダイエットにつながります。 「これを習慣付けたら、グダグダしなくなり、“二度寝防止”になった! 」という意見も!
2.ベッドメイキングは朝起きてやる
No2
すでに習慣付いている人にとっては「そんなの当たり前のことじゃないの!?」と思うかもしれませんが、一人暮らしだと意外とやっていない人が多いのも実情のよう。まずは、枕に付いた頭のへこみ跡を直し、もとの位置に置き、シーツと掛け布団はシワを伸ばすだけで、全然違います。生活にメリハリが出るだけでなく、片付けるという小さな秩序を保つことで、心がより穏やかに。布団を敷いて寝ている人は、必ず毎日上げ下げするのが基本です。
3.レモン白湯を飲んで内蔵を温めよう!
No3
白湯は、10分ぐらい沸騰させた湯を50℃くらいに冷ましたぬるま湯のこと。内臓が温められ活発に働くようになり老廃物を排出、体内の浄化にも役立ちます。そんな白湯に、レモンを入れたものがレモン白湯。あのミランダ・カーなども愛飲しているそう。レモンに含まれるクエン酸が代謝アップを促し、血糖値の上昇を防ぐからダイエット効果も。さらに利尿作用もあるのでむくみ防止や、レモンの香りでリラックス効果も。口臭予防にも!
4.15分間でスッキリ!!メディテーション
No4
すなわち「瞑想」のこと。たった15分の瞑想で、驚くほど頭のなかがスッキリし、体も軽くなります。ベルト等の締め付けるものを体から外しリラックスできる格好で、背筋をきちんと伸ばしてあぐらをかくように座り、手は両膝の上に置いておくか、おへその前あたりで軽く重ねます。呼吸はおへそのあたりを意識しながら、まずはゆっくりと、体のなかにあるネガティブなものをすべて出しきってしまうようなイメージで口から息を吐き切ります。次は鼻から息をゆっくり吸い込みます。この時は明るい光を全身に取り込むようなイメージで。呼吸は自由に気持ちのいい間隔で行いましょう。途中、雑念が出てきたら、部屋の空調の音や外の音などに耳を傾けて集中してみて。
5.ストレッチなど軽く体を動かそう!
No5
朝起きてすぐは交感神経が活発なので、通常の時間帯に比べて運動の消費エネルギーが高いから、軽いストレッチや体操もオススメです! 新陳代謝が上がり、老廃物の排出を助けるからお肌もツヤツヤに。また、朝一で少し体を動かすだけで、体内に酸素がたくさん取り込まれ、脳が活性化されます。体が目覚め、1日をスッキリとスタートさせることができるんです。ベッドに寝転びながら、足の裏を伸ばしたりする手軽なことから始めてみましょう!

Hiroko's BEAUTY

ワールドクラスビューティエキスパート 美馬寛子さんに聞く

世界基準の朝美容

かつてミス・ユニバースブームを作った敏腕ディレクター、イネス・リグロンの右腕としてシンガポールに渡り、彼女の美のメソッドを継承した2008年ミス・ユニバース日本代表の美馬寛子さんが遂に帰国。日本の女性たちの美をワールドクラスの美へ昇華すべく、本格始動しました。そこで、エキゾチックでヘルシーなビューティを誇る美馬さんの“世界基準”な美容を、朝にスポット当てて聞いてきました!

本誌では美馬寛子さんに聞く「世界基準の朝美容」の情報が満載!

詳しくは本誌をチェック!

詳しい情報は本誌105ページからの
『美のキメ手は朝だった!「朝活美容」のススメ』をチェックGLITTER6月号の情報はこちら!

Instagram

BLOG

上に戻る