GLITTER

NEWS

DIESEL 2016年秋冬広告キャンペーン

DIESEL 2016年秋冬広告キャンペーン

新キャンペーンで
ファッションカルチャーを解読

DIESELはここ数シーズン続けてきた、誠実さとユーモラスな表現方法で「ありのまま」を伝えるキャンペーンのスタイルを継続します。
ファッションイメージを、気取りのないユーモア、見たままの率直なメッセージを伝えた2015年秋冬。
ソーシャルメディアとデジタルワールドを解読した2016年春夏。
そして今シーズンDIESELが読み取るのは、ファッションインダストリーで展開される楽しいけれども滑稽な行動のいろいろ。これらの様子を気鋭のクリエイティブユニット、サンティアゴ&マウリシオ撮影によるキャンペーンフォトで表現しました。


「ディレクター/フォトグラファーデュオのサンティアゴ&マウリシオとともに、美しくてインパクトの強いイメージを撮影した。
昔ながらの広告写真にちょっとひねりを加えてプロダクトを際立たせた。 2015年秋冬キャンペーンで始めたコミュニケーション「Decoded by DIESEL」のメッセージを継続し、オーディエンスとの間に生まれたつながりと相互関係を維持することを重要視したんだ」 とアーティスティック・ディレクターの二コラ・フォルミケッティはコメントしています。


典型的なファッションフォトと、舞台裏のユーモラスな現実。これらのパラレルワールドからインスピレーションを得て、DIESELはイメージメーキングの世界を楽しく読み解きます。90年代の雰囲気とDIESELのロックスタイルが満ち溢れたコレクションを、サンティアゴ&マウリシオはポップに捉えています。ミリタリークラシックとファッショナブルなブルーの組み合わせや、異なる迷彩柄をつなぎあわせたボマージャケットなどをつかって、新しいハイブリッドスタイルを打ち出します。


ニコラがエージェンシーやオンラインを通じて発見した、さまざまな文化的背景やパーソナリティを持った人々から成る今回のキャスティング。異なる文化や個性の垣根のないDIESELの世界観を反映したものです。
DIESELの持ち味は自由。本キャンペーンを通じて個々のオリジナリティと多様性を称えます。


また今季DIESELは日本でローンチして30周年を迎えます。これを記念して、日本限定でドットや「30」をモチーフにしたスペシャルな”DIESEL CELEBRATING 30 YEARS IN JAPAN”ロゴをレイヤードしたキャンペーンヴィジュアルを展開します。


【URL】http://www.diesel.co.jp/news/fw16_adcampaign_20160804/

ファッションインダストリーで展開されるたのしいけれども滑稽な行動のいろいろ

  1. on the same page 「みんな同じページ」
    on the same page 「みんな同じページ」
  2. hot in here  「アツい」
    hot in here 「アツい」
  3. i could go either way 「 どちらも選べる」
    i could go either way 「 どちらも選べる」
  4. in knit together 「一体感」
    in knit together 「一体感」
  5. don’t blend in 「他とは交われない」
    don’t blend in 「他とは交われない」
  6. same difference 「たいして変わらない」
    same difference 「たいして変わらない」

CREDITS

Photographer: SANTIAGO&MAURICIO
Stylist: DAVEY SUTTON
Artistic Direction: NICOLA FORMICHETTI

Models

Lucas Ucedo - Ford Models
Miles Frank - New York Models

Julian Schratter - Soul Artists Management
Xiara Waller - Fusion Models
Mona Motsuoka - IMG Models
Anna Mila - IMG Models
Kris Gottschalk - Premier Models

Instagram

BLOG

上に戻る